食育紙芝居 1作目完成!

知人から依頼をもらって、
マルシェなどで上演する用に
食育の紙芝居を作りました。

紙芝居の主流は
A3よりも少し小さいB4サイズで、
多くても12~16枚の長さだそうです。

大きな絵を描くのも、
ストーリーのテンポを考えて程よい長さにするのも、
けっこう難しかった…

18198645_325621317852351_62377041007389906_n 18301371_325621331185683_1707291305024630260_n

 

本日、依頼主に納品してきます♪

18403530_814440508706478_13449421738821949_n

18485391_814440542039808_7953899218890438403_n

上演風景を動画でアップできたらいいな~♪

カテゴリー: 未分類 | コメントする

現在の活動状況

かなーり久々の更新となってしまいました。

私は元気に生きております!

以下、最近の活動状況です↓↓↓

=======================

■facebookにライター:鳥居青葉のページを作成しました♪

facebook%e9%b3%a5%e5%b1%85%e9%9d%92%e8%91%89

https://www.facebook.com/toriiaoba/

鳥居青葉は、産直コペルで連載している「ごちゃまぜ探索食記」のペンネームです。

記事の作成状況や、毎日の中で出会った面白い事を、ちょこちょこ更新しています。

 

=======================

■コミックエッセイ募集に応募しました→→落選×2

14047294_192998717781279_2646384797320449206_o

最近人気が出ている、コミックエッセイという部門に挑戦しようと思い、

大手出版会社の募集に応募しましたが・・・・落ちました。

何百もの応募があったようです。

 

産直コペルでの連載をしていて、

読んでくださっただ方から「色々なこと書いてあって面白い」「可愛くて、わかりやすい」と感想を沢山いただきました。

そこから、

私に求められているのは専門知識ではなく、どうやって気付いて噛み砕いているのかという「私ならではの視点だ!」と気付いたのです。

日常の中でどんなことを考えているのか、気付いているのかを、コミックエッセイという形で本にしたいなと感じました。

落選はしましたが、1冊の本としてすぐ出版できるような原稿にすれば、きっと興味を持ってくれる出版社があるはず!と思い、

とりあえず今はネタ出し&原稿作成を進みてみます。

 

=======================

■産直コペルでの連載、2年目突入中です♪

14725758_226660287748455_8926182052054929633_n

お陰様で、順調に連載を続けさせていただいております。

表紙にもタイトルを乗せていただくことも増えました♪

この調子で原稿を書き溜め、いずれは一冊の本に・・・!と企んでいます。

 

=======================

以上、最近の活動状況でした!

一人暮らしを始めて早半年経つにもかかわらず、月の収支は相変わらず±0だし、お金になる活動を広げられていないし・・・・・と、

考え始めると「自分だめじゃん」ループにはまりそうな毎日ですが、

「自分自身に期待して、ライターとして自立する!」を目標に歩いていきたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

雑誌連載、続けています。

先日、産直コペルVol.15が発行されました!

コペル-1コペル-2

昨年から連載させている農業雑誌「産直コペル」も、次の号でいよいよ1年目となります。

*
続けさせていただけていることが本当に有難く、また、続けることができている自分も褒めてやりたいです(@^^@)

*

今後は、連載の他にも「食品売り場のPOP作成」「生産者が生協に商品PRをするためのデザイン作成」なども、仕掛けていく予定ですので、決まり次第アップします♪

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【現状報告】

一年を振り返って-3

昨年出場した「農業ドリプラ」で「人生入門という、食に関して分かりやすく図解した本を作りたい!」とプレゼンしてから早1年経ちました。

*
大見得切ったけど、結局その後どうなったの? ということで、
現状報告させていただきます♪

*
====【去年から変わったこと】====
●農業雑誌「産直コペル」で、見開きで連載させていただいている。
タイトル「ごちゃまぜ探索食記」 旬の野菜果物を色々な視点で図解している。2015年6月号(Vol.12)から、すでに4回連載。(隔月発行のため) 有難いことに、連載開始から始めの方のページに載せていただいている。

 

見開きページのテーマから細かい内容・情報収集・イラスト・文章・カラーバランス・レイアウトまで丸ごと任せていただいているので、とても鍛えられている。そして、生産者や青果物小売関係の方々への取材を通して、自分にはなかった視点をたくさんいただき発見の連続。連載を続けられていることで、見える実績を作りにもなっている。

 

私がお会いする方にどんどん産直コペルをお渡ししてPRしているので、「絵が沢山でかわいいし読みやすい」「わかりやすくて色々な視点が面白い」「こんなテーマの記事も読みたい」「ぜひうちの農産物を取材してほしい」などの声もいただく。

============================

●起業した。(個人事業主として申請した)
雑誌連載開始を期に、税務署へ開業届けを提出。(理由は、連載1回目の請求書を作成してるときに源泉徴収税を記入しなければならず、それならばこの機会に腹をくくろうと即決したため)

 

その後、個人事業主として収入を少し意識するようになり、徐々に知人へ仕事の提案をするようになった。だがまだ雑誌連載以外に定期的な収入へ繋がっているものはない。そして2016年には初の個人確定申告をすることになる…ドウシヨウ(◎~◎;)
============================

●ちょこちょこ仕事の提案をやり始めた&頂くようになった。
開業したため会社員気分が薄まり、自分のやりたいこと・自分にできることと仕事に繋がることを考え始めた。

 
この1年で【収入を得たもの】は、産直コペルの連載原稿・リニューアルオープンする直売所隣接カフェのショップカードデザイン・絵の個展のチラシデザイン・野菜宅配に封入する食育お便りデザイン。

 

【収入には繋がっていない】けどやってみたことは、オリジナルLINEスタンプ販売(購入分配金が一定金額に達していないのでまだ収入になっていない)・PIXTAでの野菜果物のイラスト販売・個人の名刺デザイン・結婚式のウェルカムボードデザイン・結婚式のカメラマン・りんご農家の収穫体験レポート作成。

 

【仕事の提案をいただいたもの】は、食育の講習講師・雑誌編集全般の業務・POPデザイン作成講師・料理教室とのコラボ・音楽ライブとのコラボ

 

 

====【去年から変わってないこと】====
●主な収入は伝票処理業務のアルバイト。週3~4日勤務で月給10万ほど。会社員時代に貯めた貯金がそろそろ消える…。実家暮らしのため、今後のことを考えて一人暮らししたいが金銭面で厳しい(T~T)親には諦められ気味。けれども母親に教えてもらって料理の腕は上がった。

 
●食についてわかりやすく面白く図解することを仕事にしたいという気持ち。そして、食の図解入門書『人生入門~食べて、どーすんの?~』をいずれ出版したいという気持ち。この1年間、出版のために原稿は何度か書いてみたが、まだまだ圧倒的に知識や経験が足りないことを痛感した。今は学び、少しずつ収入に繋げながら、出版をしたい。
============================

………………と、こんな感じです。
あまり積極的に動いておらず、すみません(^^;)

 
30歳までに結婚、35歳までに3人出産、子育てしながら細々とでも仕事を続け、40歳頃にはまたバリバリ働くのを目標にしているのですが(現在27歳)、そのためには残り約2年間で手に職つけなければいけない。

 
現状が、個人事業主としての収入は月ほぼ¥0なので、かなり厳しいなこりゃという感じです。

さて、2016年に仕掛ける行動計画は、また後日アップします!

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【雑誌連載、始めました】

※HPの更新をサボっていたので、今更ですが過去のものを載せます(^^;)

【雑誌連載、始めました】
産直コペル
隔月刊(2ヶ月ごと)発行

このたび、
農業雑誌の産直コペルにて見開きの連載をさせて頂くことになりました!!!!!
ひぇ~~~(笑)!!!

連載タイトルは
【知って食べる ごちゃまぜ探索食記】

毎回旬の野菜や果物を1種類ずつ、色々な視点で楽しく図解します♪

よろしければ、是非ご覧下さい(≧▽≦)

**************************
記念となる連載第一回目は
先日(6/10)発行された2015.7 vol.12号です。

以下、購入に関して記載します。

●1号分単冊の購入の場合は、680円/冊での販売です。
1年間定期購読の場合は3240円/年間(6号分)です。540円/冊計算になります。
●購入はHPに記載されているFAX用のテンプレートを印刷&記入して送って下さい。
※メールアドレスの方でも受け付けできます。

書店での販売は一部に限られています。
現在は、東京だと神田の農文協農業書センターで扱って頂いています。
直売所では現在、長野県内の一部の直売所に限られています。

●6月発行号申し込みの期限はありません。
申し込みの際に希望の号を明記して下さい。
*************************
産直コペルHPはコチラ↓
http://www.j-sanchoku.net/index.php?f=&ci=10291

fb0612-1

fb0612-2

fb0612-3

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【LINEスタンプ作りました】

※HPの更新をサボっていたので、今更ですが過去のものを載せます(^^;)

【LINEスタンプ作りました】
食の交流(内食ver.)

家でごはんを食べること(内食)について、
楽しくコミュニケーションできるLINEスタンプが欲しいなぁ…

と思いましたので、作ってみました(≧▽≦)
ぜひ見てやって下さい♪

***検索方法******************************
●このURLに飛ぶ
http://line.me/S/sticker/1134480
または
●LINEのスタンプショップで「食の交流」と検索
*******************************************

第2弾は外食バージョンを予定してます。
今回は水性ペンと色鉛筆で描いたからちょっと薄かったかなぁ…対策考えます!

LINEスタンプ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【調味料を感覚で知る】

最近、思うことがあります。

それは
「調味料を一度は手作りしてみる」ことは、料理のやり方を教わることと【同等の価値】があるのではないか、ということ。

例えば
マヨネーズ、味噌、ポン酢、めんつゆ…

できることなら
塩、砂糖、黒砂糖、醤油、酢、ゴマ油、オリーブ油、サラダ油…なんかも作ってみたいですね♪

*******************
普段料理をする時に、何気なく使っている調味料のことを知ってみようということなのですが、ここから得られる凄いことは↓

●どんな材料をどのくらい使ってできているのか分かる

●手作りしたらどれくらい手間がかかることなのか分かる

●手作りした調味料を使って料理をすれば、どのくらいの材料がどの程度の味になるのか一連をイメージできる

ということです。

市販品を否定するわけではないですよ!

「手作りしたら日持ちしにくいが、保存料が入ることでこんなに賞味期限が延びるんだ!」
「手作りしたらこんなに手間がかかるのに、市販品はこんな価格で売っちゃうんだ!」
などなど
市販品と手作り品の違いに、純粋に面白い発見が沢山できます。

実生活の中では、なかなか調味料の量ってイメージしにくいですよね。

でも、自分で一度作ったからこそできるイメージは、思いやりに繋がります。

*********************

とゆーことで、
「手作り調味料の料理教室」ってないかな~♪

作るのに長時間かかってしまいそうだけど、泊まりがけで自然の豊かな場所で、親子参加・子供だけの参加も可能だったら、面白そう(^_^)
私も行きたい♪

10990814_871442479579241_8124092707288506697_n

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今の頭の中…2/20(金)

今の頭の中 0220

先日、一つ目の雑誌連載のお願いに行った時は撃沈してしまったので、次がんばります!

 

最近思うことは「だんだん、自分の表現の技術力上がってきたかも…?」ということ。

一番顕著に表れているのは、2014年7月に作成した小冊子中「米の構造」と、先日作成した「にんじんの構造」。

どちらも食材の中の構造を分かりやすく図解したものなのですが・・・

 

2014年7月 米の構造

お米の構造

 

2015年2月 にんじんの構造

にんじんの構造

色の多さと絵本のようなかわいさがあると、グッと読みやすくなるのだな!と発見もできました。

これも日頃のインプットと見て真似ることの結果が実力に結びついたということなのかなと、少し嬉しいです…(@~!~@)

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【にんじんを楽しむ紙】完成!

★にんじん紙-表
★にんじん紙-裏
※著作権は放棄しておりませんので、印刷・配布等の無断利用はしないようお願いいたします。
昨年12月頭ごろに
「仲間がイベントで配布するにんじんの資料、作ります」と宣言したものが、
やっと完成しました。

*********************
【おもしろ発見紙 ver.1 にんじん】
●A4裏表
●ちょっとつめこみすぎた
●でももっと書きたいことがあった
後日、内容を更に充実させて
見やすくA4 4ページ分に作り直すつもりです。そしたら…
【4ページ ¥100】でデータ販売したら需要あるかしら?(笑)
*********************作ってみて思ったこと。
疑問が出たり、それを調べたり、まとめたり・・・やっぱり楽しい!

けれども!!
調べ方がヘタ!!!
時間ばっかりかかって効率わるすぎる(T△T)
克服すべし!!

執筆活動のネタにしながら、ver.2もがんばりまーす♪

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【買う人が知りたいことって、何だ?】前編

野菜や果物売り場で見かけるようになった、商品説明。

 

生産地・生産者の名前・写真以外に、買う人が知りたいことって何でしょうか?

そして、生産者や売る人が伝えられることは何でしょうか?

 

私は勤めている会社で、野菜や果物の説明用POPを作成することがたまにありますが…結構これ、悩み所です。

なので、私なりに考えを出してみました(^ー^)

*******************************

まず、POPを作る上での条件

 

●POPの紙サイズは、大きすぎると売り場で邪魔になってしまう。商品説明で並べるなら、せめてA4サイズ。

 

●文字は、大きく少なめじゃないとお客さんに読んでもらいにくい。

 

●パッと見で興味を引けるように、良い写真を使ったり色や配置などのデザインもしっかりさせる。

 

●字数制限のある中で、生産者の伝えたいことや他の商品との違いが、どれも同じように見えてしまわないように工夫する。

 

***

デザイン力はもう、自分の引き出しを増やしてパターンを沢山作るのが一番かなと思います(笑)

あと、言葉の選び方とか表現などの文章力も引き出しを増やすしかない。

 

それよりも、生産者さんから頂く情報がものすごく重要でして。

 

***

●「生産者さんが畑で商品と一緒に写っている綺麗な写真」が欲しい!!もちろん収穫時期。笑顔で。

間違っても茶の間でくつろいでいるものではなく。画質はA4サイズに引き伸ばしてもガビガビでないもの。多少暗くても、加工してなんとかなるのでOK。

写真の質が最初の興味を引くといってもいいかもしれない…悲しいけど(-_-)

 

つまり、生産者さんにはカメラを使って自分で綺麗な写真を撮って(またはプロを呼ぶ)、データを送るとこまでやって頂きたい。

なかなか難しいと思いますが……

 

 

●「生産地の特徴や農法へのこだわりと、美味しさとの繋がり」を教えて欲しい!!

例えば昼夜の気温差が激しいため甘味がしっかり入るとか、土壌の性質が水はけが良い所なので味が良いとか、勉強会を頻繁に開いて質の向上に努めているとか。

他のとこの商品と何が違うのかを、文で示さないといけない。

 

 

中には「ストーリーや情報ではなく、商品のみで勝負」という方もいると思いますが、沢山の商品が並ぶお店で差別化するにはやはり説明POPが良いのかなと個人的に思います……

 

POPの有無や見た目とかでイメージが変わるっていうのは、私もなんか嫌だなぁと思いますが………(-_-)

でも、うまく売るための工夫だと言われればそれまでなんですよね…うーん。

 

よく、良い商品を作ることと売ることの例えで、ゴッホとピカソの違いが使われますよね。

ゴッホは良い絵(商品)を作っても、うまく売ることができなかったから生涯金銭的に悩みながら亡くなった。

対してピカソは良い絵(商品)を作ってうまく売ることができたから、生涯裕福で亡くなった。

 

 

もちろん、最終的には商品の質が勝負です。

しっかり判断できる(!)買う人にとって、何のファンになるかは売り手にどうこうできるものではありません。

 

だから商品の説明POPは、うまく売るための最初のきっかけにしかなりません。

 

野菜や果物を販売するお店は、生産者の方から商品(心をこめた子供)を預かる以上、うまく売る工夫をしなければいけない。

そのために生産者の方から必要な写真や情報を頂いて、買う人に手にとってもらうためのきっかけをPOPという形でつくっているのです。

 

 

うん…………そう考えれば後ろめたさがなくなってきたかも…(笑)

 

******************************

では次に、買う人は何が知りたいのか?

~後編へ続く~

(後日書きまーす。長いなぁ)

2015-01-09_16.31.09

カテゴリー: 未分類 | コメントする